木材について調べるならインターネットで検索してみましょう。
たくさんの情報が得られるはずです。
木材の種類はたくさんあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
使用目的に合わせて選ぶことが重要です。
つまり、種類毎に目的を知っておくことが必要なのです。
私たちは子どもの時から木造の家に住んでいますが、柱や壁、天井がどのような木材で作られているかを考えることはほとんどありません。
ただ、天井を見上げながら、その木目がいろいろな形に見えていたのではないでしょうか。
壁を見ると、その木目がないところもあるでしょう。
つまり、木材の種類が違うのです。
どのような場所にどのような木材を使用するかは専門的な知識となりますが、インターネットを見れば知ることができます。
木材に関する情報を見て、自分の家の壁や柱を眺めてください。
いろいろなことがわかってくるでしょう。
表面の材質も種類によって異なります。
もちろん、価格も違うでしょう。
安く仕上げるなら安い材料ばかりを使えばいいのです。
木材の良さは木の温もりと香りでしょう。
リビングや玄関はいい材料を使って、関係ないところは安い材料を使うのです。
それが安くても高級感を出すポイントとなります。
これらのことは住宅会社や建築関係の人には常識です。
個人的に情報を集めるのではなく、自分の家を建てる時に周りの人のアドバイスを受けながら、少しずつ理解していけばいいでしょう。
それが自分の家となるのです。