木材を使った住宅は日本ではまだまだたくさん作られています。
都会の高層マンションよりも地方の木造一戸建ての方が数としては多いのです。
それでは木材を使った住宅ではどのような種類の木材が使用されているのでしょうか。
多くの人は住宅を注文しても、実際に作られている状況を理解しているわけではありませんから、いろいろな種類があることさえ知らないかもしれません。
インターネットで木材の種類を検索してみましょう。
たくさんの種類があることがわかります。
DIYで棚などを作ったことがあれば、種類によって価格もかなり違うことをわかっているでしょう。
一戸建ての住宅レベルになると必要な材料も少なくありません。
種類の違いによる価格差は無視できないレベルなのです。
そこで、安い木材を使用できる部分はできるだけ価格を抑えるようにするのは当然と言えます。
もちろん、それは注文主であるあなたの支払いにも関係してくるでしょう。
自分がこだわっている部分だけはいい木材を使ってもらい、それ以外は一般的な種類にしておけばいいのです。
1本の木から取れる材木の量は種類によって違います。
つまり、価格も変わってくるのです。
見た目がよく強度的にも問題ない木材であればかなり高価になるでしょう。
それを住宅の至る所に使えば、住宅全体が高くなってしまいます。
天井裏や壁紙を貼る壁板などは見た目を気にする必要はありませんから、強度だけが必要なのです。
そのような時に使われるのが、たくさんの木材を圧縮して接着し一つの木材とした種類です。