集成材とは一般に販売されている木材の種類の一つです。
名称からわかるように、たくさんの木材を集めて作っています。
小さくて販売できない木材やカットした残りを集めて圧縮して作ります。
もちろん、集成材が品質も悪く安価で取引されているわけではありません。
集成材は住宅建材としていろいろなところに使用されており、その強度の強さがメリットになっているのです。
木材の種類を調べてみるとわかりますが、針葉樹や広葉樹など植えられている状態で決まる種類と加工されて販売する時に決まる種類があります。
無垢材は丸太の木材をカットしたものですが、表面は自然のままの状態です。
木目がいい具合に模様になっているのです。
集成材もいろいろなサイズの木が組み合わさっていますから、模様として利用するケースもあります。
また、強度的にはまったく問題ありませんから、床材として使用されることもあるのです。
価格帯はどうでしょうか。
一般の杉やヒノキよりも安く設定されていますが、合板などと比べれば高価です。
木材を選ぶ時にはその用途を明確にすることが重要です。
集成材が適しているのは子どものためのおもちゃやDIYでの棚づくりなどでしょうか。
木材を使ってDIYをしている人はいろいろな種類があり、それをうまく活用することで面白い作品ができあがることを知っています。
自分で作ることはないとしても住宅を立てたり家具を購入したりする時に木材の種類について意識することをおすすめします。