木材の特徴は何でしょうか。
あなたの家が木造建築だとしても、普段はあまり意識したことがないでしょう。
木材にはいくつもの種類があり、それらを使って家が作られています。
まず、木の特徴を考えてみましょう。
触ってみると温かみを感じることは鉄骨との大きな違いです。
この温もりが人に安心感を与えてくれます。
住宅メーカーの宣伝などでよく聞くことでしょう。
それから、木には弾力性があります。
木がしなると表現されるように、ある程度までは曲げることができるのです。
もちろん、それが悪影響を与える場合もありますから、木材として提供される時には使い方を間違えないようにしなければなりません。
そして、一番重要なのは木の香りです。
この香りが人を落ち着かせてくれることは多くの人が感じているでしょう。
新築住宅に入った時の独特の匂いは木の香りなのです。
さて、このようにいろいろな木材は種類毎に特徴がありますが、住宅建材として販売される時にはいくつかの規格によって区分されています。
無垢材とは木を切り出した状態で木目がきれいに見える状態です。
一般的な家庭の壁や天井に使われているのは合板と呼ばれます。
いわゆるベニヤ板です。
見た目を重視するか、強さを重視するかによって利用する材料が異なります。
自分が家を建てる時になったら、材料について調べてみることをおすすめします。
ふだんは考えていなくても材料によって価格が違いますから、しっかりと選ばなければなりません。