木材は住宅を建てる時に使用されますが、それだけではありません。
木材の種類によって利用されるところが違う場合もあります。
少し紹介しましょう。
まず、住宅用木材はいろいろな種類があり、見た目を重視する材料、見た目よりも強度を重視する材料、その中間などがあります。
無垢材、集成材、合板、ベニヤ板などがあります。
もちろん、木の種類によっても用途は異なります。
松、杉、ヒノキ、ラワンなど聞いたことがあるでしょう。
ただ、自分の家の柱を見ても、木の種類を知らない人も少なくないのです。
自分の家の材料について考えたことがないからです。
それから、家具を作る時に利用される木材はどうでしょうか。
安いカラーボックスの場合は合板などが使われています。
足で簡単に破ってしまうことができますから、その程度の強度なのです
それでは住宅の材料として利用することはできません。
家具の場合でも、大型の和箪笥などでは桐を使った商品が少なくありません。
強度も問題なく、香りや長期間の使用でも変質しにくいからです。
このように考えると木材の用途は強度と何年間使用するかと言うことで、ある程度絞られてくるでしょう。
自分が何を作ろうとしているのかによって、木材の種類を考えなければなりません。
そして価格の面から、材質を考えるのです。
住宅を建てる場合でも自分で材料を購入することはほとんどないでしょう。
建築業者が準備するからです。
ただ、どのような種類が使われているかを見ておくことは大切です。