あなたはどのような家に住みたいですか。
木造住宅がいいと考えている人は少なくありません。
木の温もりに温かさを感じるからでしょう。
もちろん、鉄筋構造でも表面は木造に見える住宅もあります。
これらに利用されている木材にはいろいろな種類があり、適材適所で利用されているのです。
床の間の柱と階段の木材が同じ種類だとはだれも思わないでしょう。
今住んでいる自分の家の木材部分を見てみましょう。
木材の良さを感じている人は、自然を好み健康的な生活をしたいと考えているのかもしれません。
一般に販売されている木材にはいくつかの種類がありますが、それは規格として細かく決められています。
そして住宅を建設する会社に販売されているのです。
一般の人にとっては作られた住宅を見るだけですが、いろいろな部分で種類の違う材料が使われています。
目に見えない部分と見える部分では当然、表面処理が異なります。
廊下や階段などはざらざらしないように処理されているのです。
現代の木造住宅は木材だけで作られているわけではなく、内部には鉄骨も使われています。
所定の強度を保つためです。
高層マンションに住んでいても、表面は木材の良さを引き立たせる造りになっている場合も少なくありません。
日本人にとって木材は身近なのでしょう。
ただ、専門的な知識がなければ、輸入木材と国産との区別はつきませんし、その材料の価値もわかりません。
見た目は良くても内部は粗悪な材料もありますから、注意が必要です。