この日曜大工がすごい!!




え???っ!般若?

会社に入社したての頃だ。
pecobro君の席とりあえずここね。
自分の職とは畑違いの営業部に通された。
今繁忙期でバタバタしているから
これ終わったらキチッと確保するから。

そう言われて
ある方の向かい側の席に通され挨拶すると
pecobro君か!よろしくな!と返ってきた。
ちょっと怖そうな顔だけど
サバサバしてる人だな。
ほどなくその方
さあ仕事に行ってくるか?っ!
威勢のいい声を放ち席を立ち
椅子にかけられた背広に手をかける。
羽織ろうとする仕草を眺めてたら
ある光景が目に飛び込んできてビックリ!

背広の裏地が般若ではないか!!!

しかもパンチパーマ。相当ヤバイ。
この人どんな営業しに行くのやら。

これが入社した瞬間の第一印象。

縮こまっていると
総務の小柄な課長がやってきて
会社をいろいろ案内してくれるという。

この課長三遊亭小圓遊にそっくりだな?。
頭の中でクスッと笑いつつも
まず総務室に連れられ
ドアを開けた瞬間固まってしまった。

悪役商会の八名信夫さんそっくりの方が
中央にドンと構えているではないか!!!

そのあとロッカー室連れていかれて
これがpecobro君のロッカーだから
自分で名札いれといてね?。

なんだかこの小圓遊軽い感じだな?。
口調が軽いのは
新人である自分に気を回してくれているのかな?
いい方なんだなと思いつつ
小圓遊の指さすその指に目をやると

なんと!小指が第一関節から先がない。

そして続けて
怖い人が攻めてきたらここに隠れるようにね??♪
喜々とした顔でいう。

いや!マジでヤバイ!この会社ヤバイ!
こんな会社に勤めてたら命がない!
一日なんとかここでやり過ごして
明日から職探しだ。
それにしても今日無事過ごせるんだろうか?
入社初日で辞める決心をしたものだ。

怖いもんです。
〈つづく〉

後日聞いたのだが
小指がないこの小圓遊は昔日曜大工やってて
工具に指を挟む事故に見舞われて
こうなったらしい。


日曜大工がついに日本上陸


森と湖の国、フィンランド・・・。

以前の記事で森へ行ったことを書きましたが、湖でも素敵な時間を過ごしました
元々ホストファミリーをしていて、過去にフィンランドからミーナという女の子を受け入れしました。
2泊3日でしたけど、一緒に出かけたり家でお料理したりして楽しく過ごしてもらえました。
私たちがフィンランドに行く時、ミーナからご両親のサマーコテージに誘ってもらったんです
タンペレから車で30分ほどの湖畔にある、素敵な素敵なコテージへ!
着いて早速サウナに入らせてもらい、湖にも入って。フィンランド人になった気分でした。
(それにしても、フィンランドの人って訪問客にすぐにサウナを勧めてくれるので驚きました。
サウナは日本人にとってのお風呂みたいなもの、と聞いていましたが、

日本人は訪ねてきたお客さんにいきなり「お風呂どうぞ」とは言いませんよね…。)
湖畔でバーベキューをし、お母さん特製のケーキをいただいて
それからテラスや湖のベンチでおしゃべりしたり、森でベリーを摘んだり・・・
夏の間、お父さんは日曜大工をしながら上空を飛ぶ飛行機を眺め、
お母さんは編み物やお料理をして。そうやってのんびりとここで過ごすそうです。
たまに子供さんやお孫さんが訪ねてきたり。 なんという理想的な夏休みなんだろう…
私たちも、ゆっくりゆっくり時間が流れていくフィンランドの夏休みを体験させてもらいました
残念だったのは少し風が強い日で、湖面が波立ってしまっていたこと。
風がないと鏡のように空や景色を反射してすごくキレイなんですよね・・・。
いつかそんな景色を見に、またフィンランドの湖に行きたいです。