日曜大工についての三つの立場


● 太陽星座のエネルギーを正しく使う!

こんばんは。蛭田えみです。

あなたは何座ですか?

こんな質問をしたら、ほとんどの方は、答えられると思います。
いわゆる12星座は、ホロスコープの、一部を切り取ったもの。

普段私たちが、○○座と言っているのは、太陽の星座のこと。

では、太陽星座が表すものって、何なのでしょう?

太陽は、生命エネルギーの象徴。

ホロスコープは、その人が生まれた時間、生まれた場所を中心に描かれます。

天体が、太陽を中心に動いていることは、今では常識。

でも、ホロスコープの中心は、あなた自身。

太陽が表すものは、人生の使命であり、魂の目的であると言われることも。

しかし、エネルギーとしての太陽は、私たちが現世で、地に足をつけて生きていくために与えられた、燃料のようなもの。

例えば、あなたが持ってるものが、金槌だったら・・・。

それをつかって、お料理をしたり、髪を切ったりしようとしたら、うまく行くはずありません。

でも、日曜大工に使えば、素晴らしいものができあがります。

自分が持つエネルギーが、どんな質で、何に、どのように、使うと効果的なのかを知ることは、とても大切。

金槌を持っているあなたが、大工さんに見られるのは、とても自然でしょ。

だから、太陽エネルギーをうまく使っている人は、太陽星座の象徴を感じさせます。

他の天体の影響で、一見分かりにくいことがあっても、豊かに充実した人生を送っている人は、太陽のエネルギーを上手に使っている人が多いです。

私の太陽は牡牛座。

信じられんと言われようが、おっとりのんびりの、牡牛座です(笑)

五感が優れているとか、おっとりしているとか言われるけど、根源的なエネルギーは、建設し維持していく力。

私は、シンシアのお仕事に、このエネルギーをしっかりと使ってます。

ナースとして働いていたころよりも、はるかに、自分の好きなことに向けて、この力を注ぐことができています。

自分でもあり得ないって思うほど。

自分らしく輝く人生を手に入れたかったら、太陽エネルギーを、しっかり使うことなんだって思います。









占星術スペース シンシア
営業時間:10:00~19:00
場所:広島市西区古江新町5-24-508







・(24時間受付)

ホロスコープに描かれているのは、人生の使命と才能です。占星術は、あなたの未来の運勢を、望むものへと変える方法を教えてくれます。

広島県内をはじめ、東京・名古屋・大阪・北海道・仙台・福岡・沖縄・イギリス・アメリカ・マレーシアからも、ご依頼いただいています。

日曜大工は卑怯すぎる!!


過去記事→の続編ような
読んで興味を持って
もらえればいいかな思います(^^)

過去記事の時代は明治
主役は帯広開拓の祖【依田勉三】よだべんぞう
今回の
主役は【神田日勝】かんだにっしょう
wikiにあるが
知らないでしょ?
さて
神田日勝も関東あたりから
北海道に移住した人
自ら土地を農地に変えるには馬か人力の時代
しかし
農業だけやっていた人ではないのが
神田日勝なんです!
農業と画業
画家であり
畑もやるよ
もう他界してしまいました
(1970没、生きていたら80才)
鹿追町(帯広市より60分)に
神田日勝記念美術館が立派にあり
そこに遺した迫力の絵画が
ドーンと常設されています
↑?
去年、神田日勝美術館から数キロの住居跡地を
美術館に場所を聞いて訪れてみた
……ここに来たい理由がオレにはあった
↑?
神田日勝といえば
生きているような馬の絵が有名で
サイズはかなり大きい、馬と同じサイズかも
↑?
……どうしても住居跡地を訪ねてみたい
それはガキの頃にココで!日勝さんに会ったから
家族で訪問してみた
親父は日勝さんと友達だった(両方もういない)
写真↑は親父が撮影した日勝さん宅モノクロプリント
サイロ=干し草入れの塔、馬牛小屋、自宅
手前は牛から搾ったミルク缶を置く台
…昔の農家道沿いには必ずあった
メインの写真では
そのあたり舗装されて牧草畑みたいな風でスッキリ
当時は
アスファルト?……国道さえ一部かも
そして
ディーゼル排気もくもくのバス(長く揺られてゲンナリな記憶)
降りてひたすら歩き……着いた……え!なんもない
帯広市内住宅街育ちのガキには(そんな印象)
その頃の距離感は今の10倍違う
マイカーあればいいが
親父はバイクの免許しかもってない笑
車の免許とらないで結局おわり……
晩年はタクシー通勤でトークか
後部座席で景色見てるか喫煙したいらしい……
漢字と文学の本が書庫にぎっしり
国語教師で詩人で、日曜大工DIY等やらない
スパナひとつも持ってない、それらは人に任せる
和服で(ΦωΦ猫を肩に乗せて散歩する変人
よく(ΦωΦ猫を調教したな!と感心するが
↑?
十勝の鹿追町の目立つ場所(道の駅のとなり)にある
神田日勝記念美術館、とても立派
↑?
北海道新聞社刊の画集と右が
日勝さんから親父宛の手紙
(日勝さんの自筆ということ)
この表紙の絵は札幌近代美術館蔵
絵の中の新聞紙も!手書きのデカイ絵
自画像ぽい男が等身大かな
大マッチ箱が時代を語ってる(iPhoneあるはずなし)
人形の左は魚の骨とかゴミ?
ガキのオレは日勝さん宅の2階のアトリエが
この絵と同じく新聞紙を貼った
殺風景なボロ部屋だった事をイチバンよく覚えている
なんで?新聞紙?そのインパクト
(防寒するための一応策と思われる)
日勝さん自身の記憶は残念だけど
あまりにガキでない……
↑?
リアルな馬ばかりではなくて
こんなビビッド配色の絵も描いたりした
地味な色の絵の時代
いきなり
派手な色を使った時代
どちらも理由があるのだ
ざざーーと写真を貼りまして
それでは見に行ったら?だけでは
特に
バイク乗り(ナイスガイ)ども!
行くわけないよねー
美術館とバイカーかなり縁がなさそうだ
だから興味もつような
エピソードを盛り付けていくから
神田日勝さんは
テレビ日曜美術館(昔教育テレビ)で特集されて
全国区になったようなもので
テレビ放映から数年過ぎた今
鹿追町に来るのは自衛隊(駐屯地近い)か
ソバ(国産蕎麦粉100%)食べに来る人達だけ~
美術館館長は町の役場の人に変わり
日勝さんの生前は知らない
立派な美術館あるのに、少数にでも
忘れ去られないように語っていきたい
くどくど
数回にしょっかな……忙しいので
泊まりツー行けないからね
(^^)また見てちょうだい♪
日勝さん第二回は
貧乏で食えない……農家はツライヨ
こんなに食えたらいいのにな……
食いたいもの
絵に描いてみた……
帯広→鹿追町→赤●然別温泉
グレーのコースがコーナーあっておもしろい
タイトルに湖とあった……
阿寒湖以外はダム湖多いな
ダムとダム湖ファンもいるようだけど
湖は後回しです