ポリタン もっともっと、いいケータイへ。


はい、おはよう!!

ステンレス・オタク です ヾ(@°▽°@)ノ

 
遂に ヨガに内緒 で買ってしまいました!

先に謝っておきます。

「どーも、すまんヨガ!」 ▼実は、昨年この記事を書いたときからずっと狙っていたんです

脱・オール電化計画#1~対流型灯油ストーブを導入
一度はヨガに反対され購入を踏みとどまりましたが、日増しに強くなる想い。

戦闘民族の血でしょうか。

明日死ぬかもしれない と思ったら、ポチッと押していました。      
たかが灯油タンク、されど灯油タンク。  

そもそも、これだけ普及しているポリタンクなのに疑問がありました。

何故、一般に普及する灯油ポリタンクは、こんなにデザインがダサいのか?

そして、誰も気にならないのか?
あまりに疑問だったので、ちょっと調べてみたところ・・・
    赤色は、消防車や赤信号などがイメージさせるとおり、危険であることを表す色として相性がよく、関東地方で普及・定着したのだそう。 青色は、ポリタンクを製造する際、色付けに使う塗料が青色のほうが価格が安く、商人の町、合理主義の関西では原材料の価格を抑える為に、青色のポリタンクが主流になったと言いわれています。 
ほう・・・
知るかよ、そんなもんw
今後、我家で生活必需品となるであろう灯油ポリタンクは、もはやインテリアの一部。

我家のインテリアの一部に、こんな芸術の底辺的存在が

許されるはずがありません。
画像検索の結果、ポリ素材の中では一番マシだったのはドイツ製のこれですが、価格どころか入手方法すらわからずに断念。      
ちょっと視点を変えて、灯油タンク ではなく ガソリン携行缶 で検索をすると、理想的なフォルムのステンレス缶が出てきたのです!!       ガソリン携行缶 ステンレス 20L 縦型 [消防法適合品] 株式会社ガレージ・ゼロAmazon.co.jpで詳細を見る  
商品が自宅に届いた日、俺が仕事から帰宅をすると3階で洗濯をしていたヨガ。
何を言われるかビクビクしながらも、姿を透明にして(したつもりで)接近することにしました。
   _・)チラッ

(・Д・)
_・)チラッ

(・Д・)

_・)チラッ

(・Д・)   しばらくこの膠着状態が続きました。
このやりとりの詳細は、Facebookでリアルタイムに展開したので割愛しますが、とにかく素敵な灯油タンクが我家にやってきたのです!
    
ただし、これで終わりではありません。

実用性の面で、いくつか問題点が残っています。
この製品、国内規格の灯油ポリタンクとは、全く互換性がないのです。

どういうことかと言うと、実用性の面でキャップの寸法が合わないのです。
国内規格の灯油ポリタンクのキャップの直径は、50mmか65?です。

50mm ⇔ 65mm 間なら変換するアダプターも売っていますが、今回購入したガソリン携行缶のキャップサイズは規格外の54mm?くらいです。

▼左:約54mm?(どこにも情報なし) 右:一般的な50mm  

この製品、結構な量が国内流通している割に製造元が明記されていないため、製造元にキャップの寸法表示や、互換アダプターの販売がないかを調べてみました。

調べてみると、台湾の商社に辿り付きましたが、会社名が全く読めません(笑)

KTユナイテッド有限会社 と訳せるようです。

どうやらここが製造元ですね。

 康泰聯合企業股?有限公司
弊社、康泰聯合企業股?有限公司は2000年5月に創立した商社です。 当社はもとよりアメリカ及び日本市場のホ-ム.センタ-において多年の経験と豊富な知識を持っております。
まぁ、一番気になる安全基準は UN基準(国連基準)適合登録品 なので、ガソリンがイケますから灯油はまず大丈夫ですが、キャップの寸法など詳細はおろか、アダプターなどはまず見当たらないのです。

キャップ寸法が合わないと、このポンプが使えなくなるので、これは大問題!!
  タカギ(takagi) ポリカンポンプ D089RF タカギ(Takagi) Amazon.co.jpで詳細を見る 
冒頭にリンクしたブログでも書いたように紆余曲折あり、このポンプがないと給油の際に不都合が生じるのです。
こうなったら、もうアレですわ。

D.I.Y. しかないすわ。

水道管用の金属部品でアダプターを作るっきゃないですわ。     
ただ残念なことに、この寸法のオス(外側ボルト)をカバーできる部品が見当たらず。

逆に、メス(内側ナット)に丁度良い部品も見当たらず。

仕方がないので、やや寸法の小さい部品でカバーすることにしました。  

これを・・・
     

こう組みます。
    
こうして・・・  

このように接合したいのですが、溶接技術や環境はないため・・・
     

金属用エポキシパテで接合にチャレンジ。
 セメダイン 穴うめ・成形 エポキシパテ 金属用 60g ブリスター HC-116

セメダインAmazon.co.jpで詳細を見る   
こうして2種を混合させると反応する仕組みになっており・・・
   

コネコネすると、約3分で硬化開始。
もはや、車のエキパイとかを修理するようなお話になっています(笑)

しかも、金属エポキシパテの硬化速度を見誤っていたため、1本目は美観的に失敗。
   

中間接合部の灰色のパテが見えるでしょうか。
差し込みが甘く(というか上から体重を掛けて加圧するのが遅く)、2mm程浮いてしまいましたが、もうガッチガチに固まってしまい、これ以上差し込むことも抜くことも、どうすることもできません(笑)

予想以上の硬化速度と強度です。
この反省を活かし、2本目にトライ。
   

今度は上手くいきました。

バッチリと密着しています。
1本目の失敗が悔やまれますが、実用性としては問題がないため諦めます。

誰もやっていないことを初めてやるので、失敗はつきものです。

このブログが、次にこれを試される方の参考になることを願っていますw
 
  このように、50mm規格のポリキャップがぴったりと納まります。

ただしステンボルトとポリナットという組み合わせ上、ネジ山の構造も若干異なることから、完全な密封ができないため、灯油を購入して車などで運搬する際、灯油がキャップの隙間から滲み出る可能性があります。

そこで、これまた水道管の止水用金属キャップ(50mm)が、ホームセンターに1個500円くらいで売っていましたので、後日そちらに変えようかと思っています。

今はとりあえず、ポリキャップを付けておきます。
 

実際に手動ポンプをセットして、内部を加圧するテストをおこないました。

ポンプ装着用のキャップもやはりポリ製ですので、若干の空気漏れはあるものの、給油に支障がない程度の気密性を確保することができました。
   
冬はこんな感じで設置されます。

もっと俺に知識と技術があれば、手動ポンプも材料から選び機構を設計し、自作したいところですが、このポンプは非常に低価格で便利なアイデア商品ですので、いったんはこのまま活用することにします。
   

そして、さり気なくキャスター付きの専用台も、ビタ寸で製作しました。
   

まぁ、ここは大した作業じゃないので、工程は割愛します(笑)
   

完成はこんな感じです。
   

さて、気になる玄関への収まりは・・・
   

ああ・・・
   

良いですね・・・

この無骨な金属感に惚れ惚れします。
毎年、少しずつ運搬で傷やダメージを受けていくと、それはそれで味が出そうですね。
   

以前より省スペース化されていて、周囲の木材とのバランスも良いです。

毎日、出勤時と帰宅時にチラ見してはニヤニヤしてしまいそうです。
冬の給油も楽しみで仕方ないですね♪

ポリタンのオークションより安い通販ショップ、いくつ持っていても助かる商品だから安く買えたらうれしいですね


   
(C)SEGAヤホヤホ ポリタン緊急ちおさんの固定に行ってきたよ
なんともう少しで…
2000万いきそうだった 笑これ条件がそろえばいきそうだね精進を重ねて頑張りたいと思います
またね?CANDYからの投稿